1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【再掲】新型コロナウイルス対応について

【再掲】新型コロナウイルス対応について

2020年10月08日

日本アスペン研究所では、セミナーの開催に際して、以下の感染防止策を徹底いたします。
10月以降も、この措置を継続いたします。

<セミナー開催時の感染防止策>

(ア) セッション(=研修)中の休憩の回数を増やし、休憩ごとにドアや窓を開放するなど
して、換気を励行する。

(イ) 消毒用アルコールを設置し、参加者・講師・スタッフ共に手指を清潔に保っていただ
くとともに、セミナールーム内の机、ドアノブなどを定期的に消毒洗浄する。

(ウ) 原則、参加者・講師・スタッフ共に、マスクを常時着用することとし、毎朝、検温を
実施する。熱がある人には、セッション会場への入室をお断りし、個別に対応する。
※熱がなくても体調に異変のある方には参加をご遠慮いただく場合があります。

(エ) 立食&ブッフェ形式のパーティーを中止し、対面にならないように等、工夫して安全
な食事を提供する。

(オ) 座席間隔を広げる。セッションごとの席替えをやめる。
※アスペンセミナーのセッションは、以下の環境で行います。
通常の学校教室の1.5 倍~2 倍の大きさの研修室に、参加者と講師(併せて最大20 名程
度)がロの字配列で着席し対話を行います。向かいの席とは5メートル程度の距離が確保で
きます。また隣席との距離を空けるなど、席の配置を見直し、必要に応じて座席間にアク
リル板の衝立を設置します。

<セミナー開催の判断基準>

感染の拡大が懸念される際は、以下の基準で開催の可否を判断いたします。

1. セミナー開催の可否は、以下の政府方針に沿って判断します。
 ▶政府による緊急事態宣言が発令された場合、対象期間に開催が予定されるセミナーは中止もしくは延期します。
 ▶政府・自治体から学校等への休校勧告や、それに準じる企業活動等の自粛勧告が発出された場合は、当該自粛勧告の期間と重なるセミナーを中止もしくは延期する場合があります。

2. 上記の政府・自治体の指示・勧告がない場合でも、参加者(参加者派遣企業)の自主判断でキャンセルが生じた結果、セミナー最小開催人数を下回った場合は、当研究所の判断で開催を中止する場合があります。

3. 上記1、2の状況で当研究所の判断によりセミナーを中止する場合は、お納めいただいているセミナー参加費用は全額返金いたします。また、キャンセル料金は徴収いたしません。